MENU

サノレックス通販購入出来る?・簡単に痩せたい!

サノレックスを通販購入して簡単に食欲をおさえダイエットしたいという方へ

 

 

 

サノレックスは食欲を抑える効果があり肥満外来で処方される薬として知られています。
副作用はありますが食欲を抑えるのが難しく感じている人はサノレックスで簡単に痩せたいと思う人も多いです。

 

でもサノレックスがもらえるのは肥満外来のあるクリニックや病院に受診してからのみです。

 

肥満外来に通う必要があるほどのBMI35以上でなければ保険が適応されません。

 

 

つまり、普通のぽっちゃりさんにはサノレックスは保険適応では処方してもらえないのです。
BMIが35未満なら自由診療なのでとても高額になります。
保険適応ではないので1錠1000円以上で処方するクリニックもあります。

 

また残念ながらサノレックスは通販や個人輸入では禁止されているので買う事が出来ません。

 

サノレックスを服用するなら病院に行って処方してもらうしか選択肢がありません。

 

でも、どうしても自力で痩せるのは難しいという方に

 

サノレックス以外の通販、個人輸入などのネットで購入出来る食欲抑制剤を紹介しています。

 

副作用はサノレックス程強くありません。

 

ずっと痩せたいと思っていたけどなかなか痩せられないという方は試してみる価値はあると思います!

 

サノレックス以外の食欲抑制剤

 

サノレックスが通販や個人輸入で手に入れませんのでサノレックス以外の食欲抑制剤をご紹介します。

 

ファスティン

 

ファスティンは食欲を抑えてくれる作用があります。食欲を抑えて摂取するカロリーを少なくして痩せようというお薬です。
サーモRXが代謝を促進する効果があります。

 

メリットはファスティンは個人輸入で購入出来るので処方箋が要らない事です。

 

ファスティンはアカシアから抽出することのできるいくつかの活性フェネチルアミンアルカロイドという主な成分が含まれていて、これらのアルカロイドにより強力な活力が生み出され、ウェルビーイング感が促されます。

 

脳内から分泌される神経伝達物質に作用することで、サノレックスのように食欲を抑えてくれる効果があるため、この作用によって、間食や食べ過ぎを防いでくれ、脂肪が蓄積することを減少させることができます。

 

そして、過剰な食欲がわかないように制御し、脂肪の燃焼を促す効果もあります。

 

さらに、ファスティンは肥満を専門としている医者によって安全で効果的に引き締めることができたり、脂肪燃焼を研究して開発してから作り出されているため、信頼度も高いものとなっています。

 

ファスティンの口コミ

 

ファスティンを実際に飲んだ方の体験談、口コミを紹介します。

 

ファスティンを飲むと本当に食欲が本当に落ちます!
運動は軽く気が向いた時に散歩する程度。
副作用が怖かったけど私には副作用がなく大丈夫でした。
薬に頼るのはどうかなって思いましたけど飲んで正解でした。

 

彼にずっと痩せたらもっとかわいくなるのに、って言われて買ってみました。
今までダイエットに挑戦しても続かず痩せるのはもう無理だとあきらめていましたが今回はファスティンを飲んでみる事にしました。
空腹感がなくってこれならダイエットが続けられると実感し1か月で4kg無理せず痩せました。

 

海外のものなので怖いと思っていましたが、どうしても痩せたくて色々調べてファスティンに辿り着きました。
1か月で3kg痩せて2か月でトータル5kg痩せました。
今までに感じた事がない位簡単に痩せられました。
日本でも売っていたらいいのにと思います。

 

>>食欲抑制剤のファスティンはこちら

 

 

 

リポドリン

 

リポドリンには、エフェドラエキスを主成分としたサプリメントのため、脂肪燃焼に効果があることで知られています。

 

エフェドラは風邪薬にも含まれた成分ゆえ、体温を上げる効果が確認されています。

 

これは、免疫機能が低下した体に対して、ウイルスなどを死滅させる働きがあるのと同様のものです。

 

なお、この成分は古来からぜんそくに効く薬として珍重された経緯があります。体温を上げる効果には、体内で蓄積された脂肪を燃やす機能も備わっており、体質改善を名目に燃焼されるものとなります。

 

また、リポドリンにはカフェインや緑茶エキスが配合されているため、さらなる体温上昇の効果が得られます。他にも、フーディアと呼ばれる成分には、過剰な食欲を抑える機能をもたらしてくれます。

 

>>リポドリン

 

 

 


ザントレックス

 

ザントレックスは、食欲を抑える効果のある、全米で人気のダイエットサプリメントです。
その効果は医学的な調査によっても保証されています。

 

ザントレックスに配合されているのは、ハーブや生薬などの天然成分です。
具体的には、朝鮮人参、マカの根、ダミアナ葉・茎エキス、イェルバ・マテの樹皮、クロコショウの実、シベリア人参の根、緑茶などが独自のブレンドで配合されています。

 

「天然成分だから効果が薄いのでは?」と、侮らないで下さい。
効果が強すぎるため、ザントレックスの使用は『最後のダイエット法』とまで呼ばれています。

 

食欲を抑えるサプリメント、ザントレックス。用法は食事の15分前に水で飲むだけと、とても手軽です。

 

>>ザントレックス

 

カーボブロッカーは糖質吸収抑制剤・甘い物がやめられない方におすすめ

 

 

 

カーボブロッカーは糖質を吸収するのを妨げる効果があります。

 

炭水化物や甘い物が特にやめられないという方はカーボブロッカーを選ぶの方がダイエット効果があるでしょう。

 

>>カーボブロッカー

 

ゼニカルは脂肪を排出する薬でダイエットにおすすめ

 

 

肥満外来ではサノレックスは食欲を抑えるために処方されます。

 

美容外科クリニックでは脂肪吸収抑制剤のゼニカルというお薬も処方されますので脂っこい食事が好きな人にゼニカルがおすすめです。

 

 

 

ゼニカルは食べた脂肪分を吸収を阻害し体の外側に出してくれる作用があります。食欲を食い止めるサノレックスとは違い直接的にダイエットする働きがあります。

 

サノレックスには脳内に働きかける作用があり副作用のリスクが高いですがゼニカルは副作用がほとんど無いので安心して服用出来ます。

 

 

>>ゼニカル

 

サノレックスとゼニカルを比較してみる

 

サノレックスとゼニカルはどう違うのか検証してみたいと思います。

 

 

ゼニカルは脂肪を排泄するので食欲抑制するサノレックスよりダイエットとしては効果を発揮します。

 

サノレックスは食欲抑制する事でダイエットが可能ですが、依存症が気になるところです。

 

ゼニカルは食べた脂肪を排泄するので、サノレックスに比べるととても健康的に痩せる事が出来ます。

 

サノレックスの身体の反応として、食欲抑制でカロリー制限すると痩せるのは当たり前ですが、無理やり抑制しているので、健康を損なう可能性が高くサノレックスには依存症もあるので注意が必要です。

 

ゼニカルは食べた油が排泄されるので、取り過ぎた油が身体から出て行き、摂取したカロリーも減らすことができます。

 

同じカロリーを減らすのでしたら無理やり抑制よりも身体に良い排泄を選ぶのがいいかと思います。ゼニカルには依存症になる成分も入っておりませんので、安心安全にダイエットする事が可能です。

 

ゼニカルの効能、効果とどんな成分が入っているか

 

ではゼニカルの効能、効果、成分を見ていきます。

 

 

ゼニカルには、余分な脂肪分を吸収して便と一緒に排出するという効果があり、食べた食事に含まれる脂肪分の30%を吸収せずに排出する事が出来ます。

 

主に「オルリスタット」と呼ばれる有効成分から成っていて、1錠につき120mgのオルリスタットが含まれています。

 

オルリスタットには食事で摂取した脂肪を分解するリパーゼの働きを抑える効果があります。

 

リパーゼは体内にある消化酵素の一種で、摂取した脂肪分を分解する働きがあります。

 

分解する事により体内に吸収しやすくなりますが、その働きを抑える事で脂肪の吸収効率を減らし、吸収されない脂肪分は油として便と一緒に排出します。

 

また、脂肪分だけに作用する為、脂質以外の糖質やタンパク質はそのまま吸収されます。

 

ゼニカルの副作用(危険性)と飲み方、注意点について

 

ゼニカルは副作用がほとんどないお薬なので危険性も少ないのが特徴です。飲み方や注意点もご紹介します。

 

ゼニカルは脂っこい食事の最中か、食後1時間以内に飲むと効果が発揮されます。

 

水と一緒に飲むだけでよく、1日の服用は3回が限度です。

 

最も出やすい副作用が下痢の症状で、急に便意が起きたり、おならが増えたりします。

 

また、おならと一緒に便が出てしまうこともあるので、ナプキンを用意するなど対策が必要です。

 

これらの副作用は服用開始から3ヶ月以内に現れます。

 

早ければ1週間、遅くても1ヶ月ほどで収まりますが、中には長引くケースもあります。

 

また、別の副作用として脂肪分と一緒に体内に吸収されるビタミンA、D、E、K、 βカロテンなどはゼニカルの使用で不足することもあり、その場合はサプリメントなどで不足分を補うようにしましょう。

 

このほか稀に食欲不振や倦怠感、皮膚の痒みといった副作用が出る場合もあります。

 

ゼニカルは個人輸入で通販購入した方がオススメな理由

 

ゼニカルは病院でも売ってもらえますが個人輸入で購入すれば安いです。

 

 

ゼニカルは肥満に効果のある製品ですけど、日本国内で使う時は色々な制限があります。

 

日本でこの製品を使うときは保険が利用できないため、高額な費用を支払わないと手に入れられません。

 

そのため肥満対策にゼニカルを購入するのは負担が大きく、場合によっては多額の費用が必要になります。

 

ゼニカルは実は外国では安く売られているので、個人輸入をすれば安い料金で買うことが可能です。

 

最近は個人輸入で商品を買う人が増えていて、ゼニカルも個人輸入で買われることが多いです。

 

個人輸入は代行業者を使うとやりやすく、ネットのサイトを使えば簡単に購入ができます。

 

ネットの個人輸入代行業者は、一般的なショッピングサイトと同じ形で商品を買えるので負担が軽いです。

 

ゼニカルの口コミ

 

ではゼニカルを実際に飲んだ口コミはどうなのでしょう。

 

ゼニカルを飲み始めて、3キロ痩せました。飲み始めてすぐに油が出てくる事を実感できました。
ただ、お腹がゆるくなるので、できれば休みの日にしか飲みたくないのが本音です。

 

どれ程食べても太らなくなりました。今までは食事制限でストレスを溜めながらの生活でしたが、ゼニカルのおかげで開放されました。今は毎日好きな物を食べています。友人とも外食に行くようになり、カロリーを気にする事もなく、注文出来る様になりました。

 

トイレに行く度に効果を実感できました。トイレに行くと物凄い油が出てきました。これだけ食事から余分な油を取っていると考えるとぞっとしました。ただ、家のトイレを使用すると汚れが大変なので、出来るだけ出先でトイレを行くようにしています。

 

使用して半年で10キロ痩せました。副作用も全く無いのが嬉しいです。以前は油物を我慢する生活でしたが、油物をいくら食べても油がどんどん排出されるので、ゼニカルの凄さを実感できています。これが何故日本で販売されないのか個人的には謎です。
個人輸入でしか買えないのが面倒ですが、これからも続けて行きたいです。

 

今までのダイエットは挫折とリバウンドを繰り返していました。これが最後と決めてゼニカルを購入しました。
飲むだけでダイエットできると言うのは半信半疑でしたが、飲み始めてからすぐに効果を実感する事ができました。
リバウンドする事無く、体重もするする落ちていくので、毎日体重計に乗るのが楽しいです。

 

ゼニカルは個人輸入で購入して簡単に痩せられるという口コミが多いです。

 

ゼニカルは即効性のあるダイエットなのか

 

ゼニカルを飲むと即効で痩せる事は出来るのでしょうか。

 

ゼニカルはダイエットサプリではなく肥満治療薬であるため、確実なダイエット効果が得られます。

 

ゼニカルは即効性があることが特徴であり、即効性がある理由は脂肪の吸収を抑制する働きがあるためです。

 

肥満の原因になる食物に含まれている脂肪を吸収しなくなるため、摂取をした段階で効果を発揮します。

 

ゼニカルは即効性があることが最大のメリットで、急いで確実に痩せたい人にとっては最適な肥満治療薬です。

 

ただし、ゼニカルを飲み続けても太りにくい体質にはならないため、根本的な肥満症の改善にはなりません。

 

即効性はありますが体質を根本から変えるのは難しいです。

 

よって、根本的に痩せるためには、ゼニカルを摂取しながら他の方法で体質改善を図ることが必要になってきます。

 

ゼニカルはアマゾンや楽天で買えない

 

ゼニカルはアマゾンや楽天では購入出来れば簡単ですが出来ないので不便です。

 

楽天やアマゾンでは処方箋が必要な薬は売っていません。とっても残念です。。

 

またゼニカルは美容外科では処方してもらえますが日本で認可されていません。

 

危険な薬と言う訳ではないのですが、日本の場合は美容目的で購入される事が予想されているからです。

 

そもそも日本は海外と違い、治療が必要な程の肥満患者が少なく、肥満患者の薬の開発も進んでいないのが現状です。

 

実際に肥満の治療として認可されている薬はサノレックス、シプトラミン、オブリーンです。

 

ゼニカルもいずれは認可される可能性がありますが、現状は個人輸入するしか方法がありません。

 

まだまだ日本人に対する臨床データもないので、認可されるまでは相当の時間がかかるはずです。

 

認可後には医師に処方を受ける事が可能になりますが、それでも大衆薬ではないので、アマゾンや楽天で購入できる可能性は極めて低いです。

 

ゼニカルを飲むと下痢でトイレに行くのは頻回になる?

 

ゼニカルを飲むと不安なのは下痢やトイレの事です。

 

 

ゼニカルは食事で摂取した脂肪分を直接的に排出する作用がありますが、必ずしも下痢を伴う訳ではありません。

 

トイレの回数が増えるか否かは、個人差が大きいと言えます。

 

但しゼニカルの作用が発揮されると、便や排出直前の器官である直腸に液状の脂肪分が溜まり易くなります。

 

これによって便意のコントロールが難しくなる事から、結果的にトイレが頻回になる可能性は高まります。

 

そこで頻繁にトイレに行ける体制は整えて置きたいところですが、仕事等の兼ね合いで不可能な場合には対策が必要となります。

 

対策としては脂肪分だけが単独で排出される機会が増えるので、生理用ナプキン等を使用してこれを吸収させる方法があります。

 

こうした対策が奏功すれば、トイレの回数自体は通常通りにする事も可能ではあります。

 

ゼニカルと飲み合わせで併用禁忌な薬

 

ゼニカルと飲み合わせで併用禁忌な薬が何種類かあります。

 

主な薬としてシクロスポリンや経口凝血剤そして経口避妊薬や抗てんかん薬です。

 

シクロプリンを服用している方が同時にこの薬を飲まないほうが良い理由は、血漿レベルに低下がみられる場合があるからです。

 

経口避妊薬はその避妊効果が薄れる可能性があるので、少なくとも2時間はあけて飲むようにする必要があります。

 

ピルを飲んでもこの薬の作用で成分を吸収しにくくするからです。

 

抗てんかん薬と同時にゼニカルを服用しないほうが良い理由は、てんかんの発作をおこした例が報告されているからです。

 

この他にも持病があり薬を飲んでいる方は医師に相談をすると安心です。

 

ゼニカルが薬の吸収を阻害するなど効果に影響が出る可能性があるからです。

 

これ以外に甲状腺の薬を服用している方は、持病の薬の効果が薄くなるので数時間はあけるようにすると良いです。

 

多くの場合は2時間から3時間程度の間隔をあけて服用するようにすると両方の薬が飲める可能性があります。

 

臓器移植などで血液を固まりにくくする経口凝血剤などを服用している方は、ゼニカルと併用する事で傷が出来た際に止まりにくくなるなど危険性が考えられるので禁止されています。

 

>>ゼニカルの通販はこちらから

 

サノレックスが肥満外来で処方される

 

サノレックスは肥満外来で処方されるので、どうしてもサノレックスが欲しいならば受診すれば飲むことも可能ではあります。

 

サノレックスは、BMI35以上の肥満度3及び肥満度4に相当する高度肥満症患者に対して食事療法及び運動療法の補助療法として処方され、成人に対してはサノレックスの主成分マジンドール換算の力価0.5mgを1日1回昼食前に経口投与しますが、場合によっては1日2回?3回に分けてマジンドール換算の力価1.5mgまで投与する事が可能です。

 

サノレックスは、マジンドール換算の力価0.5mgの1錠の薬価192.3円なので、保険適用時には1錠に対する自己負担額は64.1円となり、本剤の1回の最大処方量は14日分なので純粋な薬代897.4円に加え、診察費用や調剤技術料、薬学管理料、薬剤料、特定保険医療材料料などの合計3割が加算される事になります。

 

保険に加入していない人やBMI35未満の肥満患者は、100%自己負担の自由診療となるのでサノレックス1錠が192.3円となり14日分で2692.2円に加え、診察費用や技術料などが100%自己負担で加算されるので、保険の適用が無いとかなりの高額となります。

 

サノレックスが個人輸入、アマゾン、楽天、市販でも買えない理由

 

食欲抑制薬として認可されているサノレックスは、その主成分が脳に直接的な作用を及ぼす事から、向精神薬として指定されています。その為に「麻薬及び向精神薬取締法」の適用を受け、個人輸入をする事は法令違反となります。また通販や店舗においてもその規模や知名度を問わず、取り扱いがされる事はありません。必ず医師の処方に基づいて、薬局で購入する形式に入手ルートが限られています。

 

裏を返せば、医師が認めれば適量のサノレックスの入手は容易という事になります。保険適用を受ける為には肥満の基準となるBMIの値が一定以上であるといった条件をクリアする必要がありますが、これを満たさない場合でも医師の診断と許可があれば自由診療の扱いで購入する事は可能です。

 

サノレックスの副作用、危険性)と飲み方、注意点

 

サノレックス副作用

 

軽度なものを含め、21.4%で副作用がでます。

 

5%以上の頻度のもので、のどの渇き、便秘、0.1から5%未満のもので、吐き気や嘔吐、睡眠障害、頭痛や眠気、めまい、腹部の不快感、肝機能障害、下痢、発汗、脱毛、性欲減退などがあります。

 

0.1%未満では、頻尿や月経異常などがあります。また精神疾患がある方は症状を悪化させる危険性があるので、服用はできません。

 

サノレックスの飲み方

 

1日1錠から始めて、昼食前に服用します。ただし、ライフスタイルなどに合わせて処方されたクリニックで医師と相談して服用するタイミングを変えることもできます。

 

注意点

 

サノレックスは依存性があるので気をつけなくてはいけません。

 

そのため、服用期間は最長で3ヶ月です。また、アルコールとの相性が悪いため、めまい・眠気などの副作用が悪化する可能性があります。サノレックスを服用している間はアルコールは控えましょう。服用するタイミングについて、変えることができると記しましたが、夕方以降の服用は睡眠障害を起こすので、注意が必要です。また、副作用であげたように肝機能が悪化する場合があるので、定期的に血液検査をすることが大切です。

 

サノレックスの効果、どんな成分が入っているのか、痩せる理由とは

 

サノレックスの効果については、決められている量を摂取することによって食欲を抑えることができやすいという人の声が多いです。

 

サノレックスの主成分であるマシンドールと呼ばれる成分は体内にとりいれると神経伝達物質の働きを阻害する効果があります。それによって、体内に存在するアドレナリン・ドーパミン・セロトニンなどといった物質の量を増やして満腹中枢を刺激します。満腹中枢を刺激することによって、食欲を抑えることができやすくなり痩せられやすくするという仕組みです。

 

ただサノレックスはあまり服用しすぎると依存性があることから身体に良くない影響も与えてしまいますので、最長でも飲む期間については3ヶ月までとなっています。服用する際には、副作用に注意したうえで服用するようにしましょう。サノレックスを摂取することで確実な効果も与えてくれるという声が寄せられている反面、副作用についての懸念もある医薬品であることは覚えておきます。
もしも取り扱いについて分からないことがあった場合においては、医師や薬剤師と相談して服用するようにします。

 

サノレックス以外のダイエットも人気です

 

結局、残念ながらサノレックスは通販では買えません

 

ですがサノレックス以外にも食欲抑制剤がありますし、ゼニカルで脂肪吸収を抑制する事が出来ますのでダイエットの薬は個人輸入で購入する方がとても多いです。

 

痩せる必要があるのになかなか食欲をコントロールするのが難しいのです。

 

1人で孤独にダイエットするのはなかなか続きませんしダイエットに挫折する自分が嫌になり気分が落ち込んでしまう事もあります。

 

サノレックスを肥満外来で処方してもらう以外に通販でダイエットを助けてくれる薬はありますので上手に使ってダイエットを成功させて下さいね。